「bickerton再生」 から 「ホワイトプロジェクト」へのお話・・・その1

a0014853_22492947.jpg去年の夏前、会社の移転に伴って、出来るだけ小さくなって軽い自転車が必要になった。
その折りたたみの形状などから、オールドダホンなどをウォッチしていた。

そんな時も時、
ヤフーのオークションに一台のbickertonが。
その存在をもうすっかり忘れていたその時、
あの印象的な優雅なハンドルの形が目に留まりました。

「おぉ!これしかない!」と、
久々に気持が燃えたとたんあっけなくオークションは即決で終了。
しかし、そんなことでは気持は冷えず、
執拗に海外サイトをチェックして、
明方の終了時間までオークションを見守って、
やっと手に入れました。
そんなことで出会ったbickerton、実際に使い出して
予想以上の使い勝手の良さ。
優雅なハンドル周りのフォルム、
それからは予想も出来ないコンパクトさ、軽さ。


走りの軽快さ、しなやかさ。乗り降りの楽さ、足付きの良さ。
それに、少々雨に濡らしても気にならない気安さ。
ぼくにとっては、ワンランク上の特別な、愉しむ事の出来る実用車になりました。

そんな良さをるみさんにも紹介したくて、試乗をしてもらったとたん
いくつかのポイントを上げながらレスポンスがありました。
^^彼女はぼくより感受性が強そうです。^^

そんなことがあり、やはり実用車が必要になったるみさんにも一台と、誕生日のプレゼントを兼ねて
今回もう一台のbickertonを手に入れることになったのです。
そこから、大変な道のりが始まったのでした、皆さんの手をお借りしながら・・・。

レオさん、今回も色々お世話をおかけします。
ありがとうございます。
[PR]

by seafronts | 2010-01-24 23:38 | じてんしゃのこと | Trackback(1) | Comments(6)

トラックバックURL : http://seafronts.exblog.jp/tb/9753955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from なるほどれおなるほど at 2010-01-24 23:44
タイトル : BICKERTON のヒンジ交換
問題のビッカートンです。seafronts氏のご依頼で英国から補修パーツとして取り寄せたヒンジの交換作業を行いました。歪んでいた古いヒンジの取り外しにちょっと手間取りましたが新しいヒンジはすんなりと付きました。ヒンジを閉じるとフレームも真っ直ぐになり見た目は問題なく、さぁ、これで解決!と喜んだのも束の間、試乗まえに各部をチェックしたところ、ベッドのガタが調整しても直らない、いや、ヘッドじゃない、フレームのガタ!!?、ヒンジ自体は問題ないのですが、四角いアルミフレームの断面が少し潰れて隙間が開いてしまっ...... more
Commented by leonarhodo at 2010-01-25 00:52
ビッカートンはやっぱり面白いですね。
もしよければビッカートンミーティングまでにいちど預かってじっくりと整備させてもらえたらと思います。
失敗して壊してしまうかもしれませんが・・(笑)
Commented by seafronts at 2010-01-25 01:02
ほんまですか!
預けに行きますです。^^あ、30日に持って行ってもえぇでしょうか?
Commented by leonarhodo at 2010-01-25 17:58
あ、そうですね、30日に近江八幡へ持って来て下さい。
そしたらそのまま私が預かって帰ります。
鍋の肴にしましょう。エキスパート諸氏にも見てもらったらいいでしょう。
カヤックと一緒の写真も素敵じゃないですか(笑)
Commented by lumi2005 at 2010-01-25 20:47
いろいろと奔走いただいているようですが
イマイチまだ 私の・・っていう実感 無いです~;;

gear-mさんところで見た瞬間
この車体に合いそう~ って思っていたタイヤ
注文していただいていたそうで

唯一 そこんとこ 気持ちリンクしてます♪


Commented by seafronts at 2010-01-25 23:54
レオさん、宜しくお願いします!
持っていきますね。^^
Commented by seafronts at 2010-01-25 23:59
るみさん、それはしかないですねぇ、
この間のgear-mさんに行ったときに初めて目にして、まだまともに乗ってないですもんねぇ。(笑)
引渡しプレゼント前ですからね。

でも嬉しいですよ、白いタイヤに同じようにインスピレーション湧いていたなんてね!
完成した暁には、今度は自分の感性で、ポイントになるカラーリングなどの工夫をしてみてください。
そういう事ならぼくもお手伝いできるかもしれません。