探索山ポタ改め、「アドベンチャーツーリング」 part 1

心配だったお天気も何とか持ち直し、ウェストパレスとお願いしていた、レオさん加茂屋さんとの山行きが、やっと実現出来ました。
そこに今回、nanaさんshimoozさんが加わってくださり、たいへん楽しく頼もしいパーティが出来あがったのです。
a0014853_1351492.jpg
もともと新たな路を探索に行くのも一つの目的でしたが、それは「ポタ」ではなく、「アドベンチャーツーリング」の様相を呈してきたのでした・・・。
a0014853_13573112.jpg
自然文化村から一路、河内谷川にそって南下します。
2週前とは違い、だいぶ冬の足音が聞こえてきそうな風景になっていました。
a0014853_1836558.jpg



雨の後のしっとりした路を楽しむ面々です。







a0014853_1843625.jpg


もうこんなに晩秋の気配を漂わせていました。






こんな快適な路をたどって、 到着したのが「杉ヶ谷林道」の入り口です。
ここで、さっそく昼食です。   清流の水をつかってnanaさんが腕を振るって下さいました。
a0014853_18485412.jpg


a0014853_19353268.jpg

温かい鳥雑炊です。


ひとしきり食事とおしゃべりを楽しんだ後は、いよいよ探索の始まりです。
この続きは part 2 へ・・・。
[PR]

by seafronts | 2004-11-28 14:12 | じてんしゃのこと | Trackback(1) | Comments(0)

探索山ポタ改め、「アドベンチャーツーリング」 part 2

これが、杉ヶ谷林道です。
路は2週間の間に整備され、ぬかるんで走りにくい事。
a0014853_19511320.jpg
a0014853_19534659.jpg


前回行った時の画像。
適当に荒れて、自然な感じでした。
このままでぬかるむと、それはそれで走り難いかもしれませんね。






a0014853_19564443.jpg林道の終点が程なく来て、いきなり荒れた路の山サイのスタートです。



ルートも分かりづらく、レオさんが慎重に地図を読みます。


そのおかげで、ロストする事も無く、着実に登って行けました。
a0014853_2025586.jpg
結構な急坂の連続です。
今回、厚手のハイソックスで足元を固め、「ハァハァ」言いながらも私も上って行きました。
変化に富んだルートを辿って、最初の尾根に到着です。
a0014853_2082094.jpg
ここまで着た時感じたのは、自転車の山遊びではなく、
山に登るために登山道まで自転車で行き、
その後の帰りの林道のために、相棒の自転車とともに、山を登った。
なんて、そんな事を思っておりました。
a0014853_20134799.jpg

ここで、ハーモニカの合奏です。
稜線のひらけた空に静かにハーモニカの音色が流れます。







まだまだ parat 3 へ続きます。
[PR]

by seafronts | 2004-11-28 14:11 | じてんしゃのこと | Trackback | Comments(0)

探索山ポタ改め、「アドベンチャーツーリング」 part 3

ホザビ山のピークまで、尾根をまだ登ります。
a0014853_21541892.jpg
尾根路は画面の右手に続き、画面中央下方彼方の平屋富士のピークを目指しました。
a0014853_21574642.jpg






急な階段あり、アップダウンありで進んで行きました。





a0014853_2214497.jpg
なかなかえぇ雰囲気の路が続きます。
a0014853_22101869.jpg

このレオさんの担ぎ、かっこえぇです。
ああ言う風に出来んもんかと、試しましたが、やっぱり出来ませんでした。
トホホ・・・。






a0014853_22153167.jpg
この急斜面、倒木が道を塞いでいます。
a0014853_22195038.jpg
ちょっとでも乗れそうなところでは、果敢にアタック。
a0014853_22211683.jpg
落ちた枝が走行を阻みます。枝さえ少なかったら、もっと乗れたのでは・・・。
a0014853_2224971.jpg
平屋富士のピークからの眺望。
眼下の民家の灯がほっとさせてくれました。

最後になりましたが、
今回、探索という目論見にお付き合い下さった皆さんに深く感謝致します。
色々無茶をさせてしまいました事、
並びにリーダーの責任を押し付けてしまったレオさん、加茂屋さん、お詫び致します。

でも・・・、むちゃくちゃ楽しかった!(無責任をお許し下さい)
[PR]

by seafronts | 2004-11-28 14:08 | じてんしゃのこと | Trackback | Comments(6)

霧の中へ・・・。

辺りが薄明るくなって行くと同時に、霧が立ち込めていきました。
すっかり山が見えなくなったかと思う間もなく、視界が効かないほどに。
水面を流れる霧が何とも幻想的でした。

a0014853_1550454.jpg
何もかも滲んでいます。
a0014853_1555071.jpg

スタート前、最近の状況を他の参加者に聞いたところ、前々週はトップで大きいのが連発で出たとのこと。
予想していた通り、巻物への反応が良くなっているという。
今朝の霧とあいまって期待感が盛り上がります。
まぁいつもの如く、この時間帯が一番楽しいのです。(笑)

私にも開始2時間ちょっとで、5本出ました。
しかし、マメばかりでした。その後9時から12時までの間に1本追加したのみ。
11時には既にバッテリーが「黒」になってしまいました。
さかなの居るエリアはかなり偏っている感じです。
a0014853_23172632.jpg         



優勝者の釣果
56cmありました。
ランカーには
やはり
ワームが効きます。





a0014853_2325389.jpg



ごっつい体高です。











a0014853_2331567.jpgそうそう、今回こんな模様のバス、結構見かけました。
これはまた種類が違うみたいですね。
[PR]

by seafronts | 2004-11-23 15:57 | つりにまつわること | Trackback | Comments(4)

bianchi

きょうも良いお天気。
ウェストパレスに高槻の散策誘われましたが、用事も有って断念。
で、ちょっとだけ近くを 散歩です。今日のお相手は、 僕の「bianchi」
a0014853_2305754.jpg






チェレステの
ボディを
街の緑に
対比させて
見たくなりました。














暖かな海沿いの、緑の小道をゆっくりと走ります。
a0014853_15324618.jpg





a0014853_1652381.jpg
今度は、海の色に合わせてみます。
脚もとの水面はさすがに
明るくは無いけれど
それでも青い空をうつしていました。


明るい日差しで、護岸の石積みも暖かなベージュになって、

チェレステとの相性を楽しませてくれました。
a0014853_16223667.jpg
風は結構有ったのに、まるで湖のような海面です。
ヨットやシーカヤックも出ていました。
a0014853_16283734.jpg
色々な景色を楽しみ、子供の頃水遊びをした河口にやってきました。
前にひろがる海の景色は随分変わりましたが、
今もたくさんの人が思い思い楽しんでいます。
そうそう、このわずか10cmほどの深さの底に、一辺が2~3cmほどの鰈のこどもがいたんですよ。多分今でもいるんじゃないかなぁ・・・。a0014853_16412375.jpg


子供達の手から パンを受け取る
かもめたち。









a0014853_1648890.jpg
のんびりとした、散歩です。
[PR]

by seafronts | 2004-11-21 16:48 | じてんしゃのこと | Trackback(2) | Comments(3)

K・A・S お見送りと 秋の北山散策 part 1

 14日は、予てからの「北山オールスターズ」の知井坂ツーリングの日。
1Aの私達は、もともと参加の予定ではなかったものの、
あれだけのメンバーが、あの北山に集う日、やっぱり現場に居合わせたかったのです。
幸い懸念していた所用も回避でき、我々も一路北山に向かったのでした。a0014853_22225751.jpg

総勢16名のスタート、あれだけ大勢の山サイも珍しいのでは!?














a0014853_22374452.jpg

面々の嬉しそうな表情、見送る方も満面の笑みです。

それに今回はcancanさんも久しぶりの参加
参加までのBBSのやり取り私も楽しく拝見していました

a0014853_22395124.jpg



オールスターズの勢ぞろいです。

こうして、無事お見送りの完了です。
a0014853_22435623.jpg

出発前には こんなリラックスした場面もありました。

a0014853_22503477.jpg

a0014853_22531725.jpg

a0014853_22515254.jpg



さぁ、我々も 散策のスタートです。
[PR]

by seafronts | 2004-11-16 22:55 | ポタリング、ツーリング | Trackback(1) | Comments(2)

K・A・S お見送りと 秋の北山散策 part 2

さぁ、今度は私達のスタートです。
a0014853_23264970.jpg
秋の北山、地図で辿った初めての路を、探索気分で 散策です。
a0014853_2331330.jpg
1㌔も走らないうち、もう見事な紅葉が。
a0014853_23325448.jpg
初め2車線だった道もすぐに1.5車線に。
そして、間もなく1車線に・・・。えぇ雰囲気が出てきました。
a0014853_233412100.jpg


素晴らしい路が続きます。

a0014853_23373662.jpg
誰にも行き合わない路、山の気配だけが迫っています。
a0014853_23433242.jpg

a0014853_23475913.jpg





静かな路が続きます・・・。

a0014853_23502925.jpg


[気まぐれ屋のモールトン・・・今日は何処へ行く?Ⅱ]
[PR]

by seafronts | 2004-11-16 22:54 | ポタリング、ツーリング | Trackback | Comments(9)

K・A・S お見送りと 秋の北山散策 part 3

走ったコースです。
たったこれだけの路を ひたすらゆっくり 散策です。
a0014853_06562.jpg
途中ダート林道の出会いが、2箇所あり、最終 
杉ヶ谷の出会いまで行ってきました。
そこからホザビ山に向かって、林道が伸びているようです。

a0014853_0134978.jpg



















しかし、途中の「栃柳谷林道」の出会い辺りは、少々ヤバイ雰囲気が漂っていました・・・。
a0014853_018630.jpg
ここには大きな動物の糞があり、それは先日、八ヶ峰山頂で出会った登山者が話してくれた
「熊の糞」に形態や大きさが似ていたのでした。
河原の砂の上には、動物の足跡も多数残っていました。
やっぱりこれって くま?・・・。アセ・・・

もう一つの林道、奥手柳線。 ここにも入り込んでみたい雰囲気があります。
a0014853_8501842.jpg

[PR]

by seafronts | 2004-11-16 22:50 | ポタリング、ツーリング | Trackback | Comments(6)

カシミール

先日の八ヶ峰行の折り、ウェストパレスと話していた事の一つが、地図の事だった。
「レオさんが送って下さった地図、あれえぇですね。」と、ウェストパレス。
「何処からもってくるんやろう?webの地図も色々あるけどなぁ」

これだったのですね!
さっそく試しに作ってみました。
a0014853_0324090.jpg

先日購入した 登山ルートマップ みながら。
快適な尾根路があるそうな。
a0014853_0365680.jpg

この断面図は、登山道の部分のみです。

探索気分で、行ってみたくなります。
a0014853_038391.jpg


このツール、おもしろいですなぁ!
[PR]

by seafronts | 2004-11-13 00:39 | じてんしゃのこと | Trackback | Comments(12)

サイクルスタイル

レオさんがご一緒して下さって、ウェストパレス、るみさん、私の4人で出かけました。
朝から行ったので、去年に比べて随分人が少なくて、色々な試乗が出来ました。
a0014853_222046.jpg
こんなファンマシーンにも乗ってみました。
a0014853_2244691.jpg















カーボン×チタンのハイブリットの軽量マシーンを試したり、いろんなサスを試したり。
特に スペシャのブレインシステム あのサスの良さは MTB用の段を設けたコースではっきり他との違いが体感できました。
ウェストパレスも 「うぅ・・、物欲がぁ~」と嘆いていました。(笑)
色々触って、乗り比べて、おしゃべりして。
えぇ一日でした。
[PR]

by seafronts | 2004-11-07 02:33 | じてんしゃのこと | Trackback(1) | Comments(2)