お揃いのモールトンのある景色

レオさん済みませんです。
不具合が出て、コメントいただいたのに、一時記事を削除してしまいました。


春の日に、揃ってモールトンを持ち出してみました。
a0014853_050630.jpg
トラスフレームの繊細な美しさが自然の中に映えています。
やはりこの自転車好きですねぇ。candy号の不具合もちゃんとしないとあきません。

ぼくのはくっきりシルエットに、candy号は少し角度を持っていて、影とボディカラーの見える部分とで
トラスの持つ立体感がまた綺麗です。

こんな写真を撮りながら奥へとポタしましたが、どこか寂しい感じがして、早々に退散する事にしました。
で、一枚だけのアップです。
[PR]

by seafronts | 2009-04-29 23:46 | ポタリング、ツーリング | Trackback | Comments(4)

こんなところに・・・

あまりに綺麗な木々をなんとかカメラに収めて、
濡れて重くなったウィンドブレーカーを脱ぎ、車の中でほっと一息つきました。
行く前には、もっと系統立てた撮影の設定を考えていたのですが、
現場に着くとすっかり頭から抜けていましたが。(笑、いつもの調子です)

何となく気分が良く、「今からかえります~」などどメールをいれ、車をスタートさせて、ふと空腹に気がついたのです。
どっかでお昼食べないとな、と思いつつ池を離れようとしたとき、右に行けば八木へ戻るいつもの路。
左にはまったく知らない上り坂があります。
そこに小さな手書きの看板が有るのが目に入りました。

「喫茶と蕎麦」とあります。
この取り合わせといい、失礼ながらあまり上手でもない書き様からして、「期待したらあかんな」 と思いつつもどこか惹かれて、車を左に進めたのでした。
a0014853_14283393.jpg


坂を上って回り込むと・・・
[PR]

by seafronts | 2009-04-26 14:52 | ごちそう | Trackback | Comments(6)

雨で愛でる

週末が雨という予報だったので、思い切って行ってみようかなと考えてました。
a0014853_1938431.jpg
木々の葉や枝が雨に洗われてとても綺麗なんじゃないかなと。

ここは八木から周山に抜けるR477が回り込むように走っている貯水池(?)。
先日のホサビ行の折も、この端を通っていきました。
その時は朝日が降り注ぎ、それはもう美しかったのです。
a0014853_21152217.jpg

季節によれば、水位が異常に下がり悲しい景色なのですが、今は大丈夫です。

激しい雨で、どこか紗がかかったように・・・
[PR]

by seafronts | 2009-04-25 19:42 | 「いいとこ」 | Trackback | Comments(2)

印象深いルートを辿って・・・

今回のハイクは、自転車を担ぎ上げたその路を再度確認したかったこと。
その中でも、この急斜面をトラバースした事はぼくにとってたいへん印象の深いものになっていました。
a0014853_23165247.jpg
<写真は大きくなります>
落ち葉が堆積している斜面はとても足元が不安定です。
しかし、この斜面は下へ行くほど木がまばらで、とても見通しがよく百数十メーター下までも見通せて、危ないけど、とても美しい景色に目を奪われました。

ところどころにある倒木が、行く手を阻んで、自転車を先に乗り越えさせ、今度は自分のからだを通します。
気を抜けば、斜面の下まで滑り落ちてしまうでしょう。
こういうときは、10㌔以上あって、しかも大きな自転車が邪魔に思えました。

しかし、尾根にたどり着いたら至福のライドが待っているんだと、メンバー全員が協力して進んでいきました。
とってもつづく・・・

トラバース、ここへ来たかったと言っても良いくらいでした
[PR]

by seafronts | 2009-04-21 23:17 | いろいろなこと | Trackback(1) | Comments(4)

伝説の山サイの軌跡をたどって・・・

ぼくらの伝説の山サイ

そんなハイクはこんな風景から始まりました。
a0014853_2135055.jpg
林道の終点に車の一台をデポして。
実は、ここへ着くまでにも、もう既に「えぇ!?、こんなやったかなぁ??」なんて言葉が幾度も口をついて出ていました。
もうあれから5年経ちました。
すごく近く、まるで昨日のような記憶と、さっきの言葉がでてしまうような曖昧になった記憶とが交錯しています。
ちょっと不思議な軌跡を辿るちいさなトリップの始まりです。
[PR]

by seafronts | 2009-04-19 21:42 | いろいろなこと | Trackback | Comments(7)

毎年思うこと

ここ数年、この時期になると毎年思うことがあります。
a0014853_22305852.jpg
春めいてくる3月も末になると、ソメイヨシノの開花が気になりだして、それも散ると、今度は写真に見える八重桜が入れ替わるように見事に咲きます。
そうやって暫くの間、桜に目が奪われています。

その八重の桜の後ろにある木々、ソメイヨシノが咲いている時期は、芽も出ていなくって、まるで枯れ木のようなんです。
そして八重が見事に開く頃、ふと気がつくと、枯れ木のようだった枝々が知らないうちに新緑で輝いているんです。
桜の艶やかさに目を奪われている頃、木々の新しい芽がしっかりふく準備をしている、そしていっせいに緑に輝く。
そのスピードは、桜の開花と散るまでのそれと変わらないくらいです。

だからこの時期、桜の花をみながら、「もうすぐやねぇ、新しい葉がいっせいにひらくのは」なんて思ってワクワクしているのです。
そして、なぜか「ホサビ」を思うのでした。^^

この毎年同じ景色をみながら、同じことを繰り返し思っていることもこの春で最後です。
[PR]

by seafronts | 2009-04-17 22:29 | いろいろなこと | Trackback | Comments(4)

今日の夕飯

今日も遅くまで残ってお仕事でした。
そんな時は、なるべく早く夕飯を食べようと思うのですが、
食べるタイミングを失い、結局帰り道でラーメン&チャーハン。
ちょうど同じようなタイミングで帰る仕事仲間のtakehikoくんと一緒に。
a0014853_23551930.jpg
このスープの色、携帯のカメラの不具合ではないんですよ。
ほんとうにこんな色なんです。

もうだいぶ遅い時間でラーメン屋さんの繁盛時間だったからなのか、お店の中と外にも席待ちの人がいました。
味わってみると、複雑な味でもないんですが、なんか癖になるような感じなんです。
不思議とね。
麺は太くて、ぼくは好きです。美味しいです。

チャーハンはどんなだと思います?
[PR]

by seafronts | 2009-04-16 23:58 | ごちそう | Trackback | Comments(3)

成長

この成長、ほんとうにはやいです。
a0014853_1605692.jpg
こないだからの新芽の成長が目を見張るばかりです。
新しい芽がでてきたなぁと思っていたら、その芽はもう長さで言うと、十倍ほどに成長しています。
自然の力ってすごいですねぇ。

去年の春にやってきたときはこんなだったのに。
a0014853_01625100.jpg


ちいさな蕾もつき始めています・・・
[PR]

by seafronts | 2009-04-14 13:18 | はな | Trackback | Comments(2)

さくらポタ、こんどはほんとにポタ

昨日の気持ちよさに、今日は朝から計画した  「遅い朝食さくらポタ」
a0014853_1527229.jpg
いやぁ、久しぶりのポタです。なんかうれしいですねぇ。(笑)
自転車で出かけて、苦楽園口のパン屋さんで朝食用のパンを仕入れて夙川の川原へ。
ストーブとコーヒーも持って行って、そこで朝ごはんを頂く。
たったそれだけの計画ですが、結構わくわくしました。

午前中の日差しは、とても清々しくて、時折吹く風もほんとに気持ちいいです。
さくらの花びらがそのたびに雪のように舞って、いっそう季節の趣を愉しませてくれました。
散り際のさくらも、良いものなんですねぇ。

ほら、今回はほんまもんのポタです(笑)
[PR]

by seafronts | 2009-04-12 15:28 | ポタリング、ツーリング | Trackback | Comments(5)

良いお天気に誘われて

外でお弁当が食べたくなりました。
a0014853_063340.jpg


ここは穴場かも知れませんねぇ
[PR]

by seafronts | 2009-04-11 23:38 | いろいろなこと | Trackback | Comments(0)