こんな具合です、Moulton-seafronts号 

後一息で、一応の区切りというのに、敢えてクズクズして、完成させていません。
なんか終わらせたく無いような気持ちです。(笑)
(ほんとうは、まだまだ楽しみは取ってあるのですが・・・)
a0014853_23111342.jpg
これが、我が Moulton-seafronts号 のハンドル周りです。
最初、あるHPでノースロードのバーを見たとき、「これだ!」と思ってしまいました。
自分としては、決してAPBの10周年記念のものをイメージしたわけではありませんでした。
で、さっそく、そのショップにメールを入れて手に入れたのがこれです。
a0014853_2322281.jpg
上に乗せているバーがそれです。
曲がり具合や、ダウン(アップ)の差は、この方が気に入っているのですが、モールトンのボディに対して、巾が自分なりには広すぎるのが気になったのです。
それに当初、ザックスの内装変速を動かす術が、グリップシフトに頼るとしか想像できていなかった私には、バーの径も太すぎたのでした。


で、シフトグリップが入る径で、ハンドル巾も狭い物、として探し出した現在のを組んでいるのですが、考えれば考えるほど、グリップシフターが我慢でくきなくなってくるのでした。
一旦そう思うと、後はどう実現して行くかだけです。

①やめる最優先事項は、グリップシフター
②ハンドル巾は、出来るだけ狭くしたい
③出来るだけ、いろんなポジションでモールトンの走行を楽しみたい
④少しだけでも、クラシカルな雰囲気を楽しみたい
⑤コンパクトなサイズのランドナーバーを付ける楽しみは後にとっておきたい
⑥などなど
a0014853_2343325.jpg
そこに活きてきたのが右の図
これは、レオさんが紹介してくださった、マスターシュ(口髭)
マルチなポジションを楽しめ、またちょっとマニアックで満足度が高いテクニックです。

Moulton-seafronts号では、 手前に伸びているストレート部分を握っていても、ブレーキを動作できるように、すこし手前にアールの肩あたりにフーデットレバーを配しています。
ここも、自分なりの小さな小さな拘りです。(笑)

もともと、このバーはグリップシフターを装着するために、径も細く、手前に伸びるストレート部分がかなり長くなっています。
これも、何度か距離を乗った後、必要であればカットするつもりですが、今は暫く、このまま使ってみるつもりです。
なにせ、Moulton-seafronts号は、お散歩仕様でありながら、場合によっては前傾姿勢もとれてしまうというコンセプトなのですから。(笑)





・・・さて、懸案の変速は・・・

外装変速は、前にも記載した通り、ステムに付けたレバーでするわけですが。
a0014853_0454449.jpg
このレバーも、出来る限り下に移動しました。
レバーの頭が、ステムよりほんの少しだけ頭が出るくらいに。
これで少しは、イメージがスッキリしたと思っています。

しかし、アウターの曲がりが非常に苦しくなって、結果バナナ金具で、苦しさを緩和する事にしました。

また、アウターは、少しでもソフトにと、ブレーキ用を敢えて使用しています。






a0014853_0531980.jpg
そして、内装用はこれ。
左のブレーキレバーの下に、隠すように、左手の中指でトリガー引けるようにしたのです。

ブロンプトン用のトリガーです。
この装着の位置と、レバーとの併用が拘りです。(笑)

a0014853_113932.jpg

こんな感じで、裏返して、さかさまに装着しています。











前からのビューは、こんな感じになりました。
a0014853_152727.jpg

[PR]

by seafronts | 2005-04-12 23:50 | じてんしゃのこと | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : https://seafronts.exblog.jp/tb/1840781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by minivelo20 at 2005-04-13 01:05
このマスターシュバーの付いてる姿はとても格好良いと思います。
巾が狭い方が小径車には絶対似合いますね…慣れるとライディングも狭い方が面白いと思います。
Commented by seafronts at 2005-04-13 01:31
ありがとうございます!minivelo20さん。
そう言って頂けると、自信が出来ます!
実際に乗ってみた感想など書いてみますので、また見てやってください。
Commented by leonarhodo at 2005-04-13 20:05
順調に進んでいるようで羨ましいです!
当方はベアリングと苦闘中ですねん。
ハブの調整後もフロントからの異音が消えませんのですわ。
ああ、時間掛かりそうです。
Commented by ウエストパレス at 2005-04-13 23:03 x
ええ感じに上がってきましたね。仕上げにバーテープをどこまで巻くか?でまた雰囲気が変わるのでしょうね。 るみさん、レオさん、僕、そしてシーフロントさん。それぞれ違ったハンドルを採用しそうな感じですのでそろったところで大試乗会をしたいですね!! 
Commented by seafronts at 2005-04-13 23:51
もう心配要りませんねェ!レオさん。
想像するに、ものすごーく楽しい路が開けましたですね。
自分のじゃないのに、楽しみが倍増致しております。(笑)
Commented by seafronts at 2005-04-13 23:55
そうなんです!ウェストパレス君!
バーテープの巻きどころ、すごく気にしています。
多分、ブレーキレバーの少しセンターよりまで巻いて、ハンドルバーのシルバー部分をしっかり残したいと思っています。
・・・それもそうなんですが・・・、
ちょっと変な事を思ってしまっています。
おかしいのは分かっているのですが、やってみたいことが・・・。
多分みんなに笑われるだろうなぁ・・・。(笑)
Commented by UGの兄♭♭♭ at 2005-04-14 00:53 x
いや、3人のモールトンオーナーのブログを回遊するのが楽しいです。

ノースロードバーを裏向きにして、マスタシュ風に使うとはうまいアイデアですね。ニットーのマスタシュは幅が広すぎますもんね。でも、バーエンドは少しカットした方がいいんじゃないでしょうか。金ノコでも切れますが、パイプカッターを使うと簡単できれいに切れることはご存知でしょうか。

じつは私もマスタシュバーにフーデッドレバーで1台乗っているんですが、レバーの位置はもっと内側(イラストの位置ぐらい)のほうが使いやすいと思います。

あと、RDの操作はバーコンはいかがでしょうか。ワイヤーは長めになりますが、ステムレバーより操作はしやすいんじゃないでしょうか。

日曜日には間に合いますか?楽しみにしています。
Commented by seafronts at 2005-04-14 01:15
ありがとうございます!UGの兄♭♭♭ さん。
アドバイス、しっかり頭に入れておきます!
実は、バーコンたいへん興味を持っておりました。
それに、自分でいろいろ考えたり、実際にいじるのは初めての体験で
どんどん面白くなってきています。
今のステムバーを試して、次はバーコンにも挑戦してみます。
また、楽しみがひとつ増えました。(笑)
しかし、またまた、この所走ってなくて、そっちの方も何とかしなくてはいけません・・・。トホホ

日曜は、なんとか二人揃ってモールトンで出かけるつもりです。
私達も、お会いできます事、楽しみにしています。
どうぞ、よろしく~!